若いうちに痩せていないと

今回ご紹介するのは、老人ホームでの風呂介助について、です。
自分が老人になった時のことなど、今から考えている人などあまりいないでしょう。
ですが、年をとると若い頃のように自由に風呂に入れるわけではないのです。
そして肥満の方は加齢と共に足が弱くなってしまうので、特に注意が必要となります。
例えば足腰が悪くなって車椅子移動になった場合。
身体は自分で洗えても、浴槽への移動は介護士の介助なしでは出来ません。
あまりにも体重が重く支えられない場合は、転倒の危険などを考えてシャワーだけになってしまうことも多いです。
そして寝たきりになってしまうと、身体の隅々まで人の手で洗われることとなります。
お尻や股間も含めて…全てです。
介護業界は慢性的に人手が足りない為、施設によっては異性の介護士が行うこともあります。
未だダイエットが続かない方…自分が老人になった時、この現実を乗り越えられそうですか?

幸福論

幸福であるためには健康な体がまず基礎にある必要があります。
これは軽視されがちですが、事実として私たちは体なしでは存在しえないのです。
疲れがたまったら、十分な休息。
しかし、あくまで一時しのぎでしかないということは把握しておきましょう。
私たちは脳だけで生きてはいけません。
そもそも脳は、一つの臓器です。
私たちは物質的な存在でしかないという一面もあるのです。

 

夏のファッション

夏が近づいてきましたね。女性はさまざまなファッションができて選択肢が広いのですが
男性は半袖と腕時計で差をつけるしかないのがつらいところです。
最近ではアウトドアウォッチが人気です。そのスポーティなデザインも夏っぽいですが、
機能性も男心をそそります。
キャンプなどにいって友人たちとバーベキューをして過ごす。
これもささやかな幸福の時間です。